名前未定

OLのめくるめく日々。病気じゃないのでご安心ください。

THE YELLOW MONKEY 20周年企画とは何だったのか

THE YELLOW MONKEY というバンドのデビュー20周年は、

昨年の2012年5月21日。

それに合わせて昨年から動いていた企画。

が、一年以上たった今でもなんやかんや進行している。

 

ファンとしては、素直に嬉しい。

自分たちもお祭り気分だし、それがいちいちナタリーニュースになったりして、

ファンではない人たちにも、事あるごとにイエローモンキーを意識してもらえたと思う。

 

けれどずっとひっかかっているのが、

この企画運営がコロムビアってところである。

 

日本コロムビアとはイエローモンキーがデビューしたレコード会社で、

96年まで在籍していた古巣だ。

 

シングルで言うと「JAM/tactics」「SPARK」というヒットナンバーを出した年で、

ノリに乗っていた時期の移籍だった。

事実、移籍後に発表されたアルバム「SICKS」は、(オリジナルアルバムとして)

バンド史上最高売り上げを記録。

 

となるとそのあたりはかなりゴタゴタしていたとうかがえる。

当時のことはインタビューなどで語られているが、実際そうだったようですね。

メンバーだけでなく、コロムビア時代のディレクター宗清氏の話からもギスっぷりがわかるw

この座談会、おもしろいです→ http://natalie.mu/music/pp/theyellowmonkey03

 

で、まあ、話を戻しますが、そうやって喧嘩はしないまでも、

方針が変わってきてしまって、出たわけです、コロムビアを。

 

JAMやSPARKという置き土産を置いて。

勝手に(?)ベストアルバムを出されてもそんなには文句も言わず……。

 

ただ、そんなレコード会社がイエローモンキー総括しちゃっていいのか??

ってことなんす。

それは精神上のことも、金銭的、ビジネス面のことも、問題ないのか気になります。

 

ちなみにコロムビアを出た後は、ファンハウスという会社に移りました。

でもこの会社、もうありません。

アリオラジャパンに吸収されてしまったんですが、そのアリオラももうソニー傘下なわけで……ソニーのサイトにイエローモンキーが載っててびっくりしたものです…。

 

まあ、だから、最後に所属してたレコード会社は事実上ないわけで、

吉井和哉がソロ活動してのは、EMI。

となるとまあ、実質コロムビアがやらないと。他の選択肢ないでしょ、ってなるのはまあしょうがない。

 

けど、イエローモンキーの権利ってどこにあるの?

事務所が持ってて、リリースを委託?するレコ社と都度契約、とかならいいんだけど…(ボウインマンという、イエローモンキー個人事務所。現在も吉井和哉以外の3人が所属。)

 

そしてこの20周年企画の最後の目玉として、来月ベストアルバムを出す予定。

ファンに人気投票させて、上位曲をリマスタリングして収録するそうな。

投票はもう終わってる。

過去のベストアルバムと同じ収録曲になってもつまらんから、私も投票しました。

で、それにはもちろんファンハウス時代の曲も含まれるわけで…。

 

リリースがどこからになろうと、作詞作曲印税が入るのはわかる。

でも、ほかのメンバーは?どういう支払われ方なの?!

 

ベストアルバム以前にも、そういえば昨年出た「RED TAPE NAKED」という映像作品だって、これ元々はファンハウス時代のものである。

金の流れがわからん!

 

メンバー本人たち、決して不快に感じてないってわかります。。

すごく協力してるし。

 

そんで私もなんやかんや言いながら、CDやらDVDやらも買います、結局。

けど、その取り分がコロムビアに入るのって、なんかおかしくない?!と思ってしまう…。

 

私は、どうせお金をつかうなら、ちゃんとメンバーに届く金を使いたい。

いや、全く入らないわけでは無かろう?きっと…。

でもなんか、どうしても腑に落ちない。

 

のは、20周年企画の公式ツイッターの中の人が、なんかいけ好かない

という理由だけではないハズ